何をやらないかを決めることの重要性

30を目前にして、「何をやらないか」を決めることは本当に重要性が身にしみてわかってきました。周りを見てても自分を見てても、どんなにすごい人でも一人で出来ることは限られています。なので、何をやらないかを決めて、手を広げすぎないことは本当に重要。
そしてもっと難しいのは、なにかを止めること。なにかを止めることは、なにをやらないかを決めることと実は同じなのだけれども、直感的には同じに思えないのがやっかいなところで、こちらの方がより難しい。継続それ自体に価値はないのだけれど、どうしても人間は過去に引きずられてしまい、そうそう動くことはできません(経済学の言葉でいうサンクコスト)。

理屈としては理解できても、ある程度経験をつまないとこの辺の実感はなかなかわかない気がします。