前頭葉を模したニューラルネットワーク

「そもそもニューラルネットワークは脳を模したものだろうに、何を言っているのか」という感じのタイトルですが。

実際にはニューラルネットワークが脳と似ているかは殆どわかっていないので、似ていたというだけで論文になる時代です。

この論文もそんな研究の一つで、ニューラルネットワークに人と同じような認知課題を解かせてみたところ、現実の脳(人や猿)と同じような行動パターンをみせるようになったということを報告しています。重要なのは、行動パターンが似ただけでなく、内部ニューロンの発火パターンも現実の脳と似たようなパターンを見せたことです。これはもう脳のシミュレータと言っていいのではないか…とまでは言っていませんが、目指すところはそういう方向です。
www.nature.com

こういう研究は夢があるんですが辛いところもたくさんあって、そもそも脳のことが殆どわかっていないので、似ているかどうかを検証するのがそもそも難しいところ。また、ニューラルネットワークの発火パターンの解析手法も確立したものがなく、色々と手探りで検証しなければいけないところなど・・・まだまだ改善の余地がたくさんある分野です。