脳の感受性が高い人ほど見慣れない出来事に柔軟に対応できる?

オックスフォードの研究室で毎週やっている論文紹介が丁度自分のターンだったので、この論文を紹介しました。英語で発表するのはいつまで経っても緊張します…。
www.nature.com

要約はいつもわかりやすい解説を日本語で掲載してくださっている理研の公式プレスリリースにお任せします。これ以上の要約を自分で書くのは難しい…。
意思決定の脳内機構と個体差 | 理化学研究所

摂動に対する感受性と行動の個体差との関連を探った点や、そこからラットでも計測可能な試行間分散との関連まで繋げて、最終的に個体差との相関関係を見出したのは凄いと思います。指標自体は異なるのですが、学習がその個体固有の神経集団の活動可能範囲(Intrinsic Manifoldと呼んでいます)によって制約されるというByron YuのNeural constraints(Nature, 2015)やNeural reassociation(Nat. Neuro. 2018)の話とも関連していそうな気がしました。

ただ、個体差を検証するにはラットのサンプル数が少ない(8匹)のが気になりました。リサンプリングによってその点に対応しようとはしていますが、選択関連活動との関係が薄いという主張の根拠となるFigure 4の散布図はもうすこし数が欲しい感じを受けました。それと、モデル上で個体差と関係をしていた神経集団の感受性をラットで計測するのが難しいため、代理指標として試行間分散を提案していますが、理屈上モデルのサンプル数はいくらでも増やせるため、もう少し増やした時の散布図を見てみたい気がします。