オックスフォードの計算論的神経科学系Podcast事情と自分の好み

オックスフォードの計算論的神経科学コミュニティで話題になるpodcast

僕はこれまで神経科学や機械学習のPodcastはあまり聴いてこなかったのですが、そもそも日本語コンテンツが少ないというのもあります。

ただ、英語だと面白いコンテンツがいくつかあるようで、周囲からおすすめされたPodcastを紹介してみます。基本的に周りはみんな(Cognitive) Computational Neuroscience分野なので偏りがあります。

braininspired.co
最近知ったPodcastで、脳とAIがテーマ。計算論的神経科学をしていれば名前を聞いたことのあるような人がゲストに出てきます。とりあえずTim BehrensとMatthew Botvinickの回を聞いてみました。両方ともよく知ってるトピックだったので正直若干退屈でしたが、Terence SejnowskiやDavid Sussilloの回とかは面白いかもと期待してます。

unsupervisedthinkingpodcast.blogspot.com
braininspiredよりも脳寄りですが、AIの話もよく出ます。こっちに来てから少し聴いてみましたが、親しみのあるトピックが多かったです。わりとすぐに飽きて聞かなくなってしまいました…。

www.thetalkingmachines.com
機械学習がテーマ。渡英前に英語学習のために聞いていましたが、わりとすぐに飽きて聞かなくなってしまいました。一エピソードの時間が短いのと、(それもあってか)内容がかなり一般向けだった印象。

特に上二つは周囲でも話題になるので、聴いている人が多い気がします。

自分が聴いているPodcastは相変わらず

僕が聞いているPodcastは以前にまとめたことがあります(URL)。
見ての通り情報系・Web系に関心が偏っていて、神経科学に触れている人でこの辺を聴いている人に出会ったことはついぞありません。ただ、ほとんどが修士の頃から継続して聴いているものなので、この分野への興味はずっと続いているようです。ちなみに上のリストに追加すると以下のPodcastが最近は面白いです。
Misreading Chat – CS の論文読んで話をしよう

趣味で読む本やPodcastは興味があって半分理解できないぐらいがいい

英語のPodcastで興味が続かなさそうな雰囲気が出ているのは、英語でPodcastを聴くというのがストレスフルなため、集中力を余分に使ってしまうからかもしれません。
他にも、日本語での機械学習やガジェット、心理学のPodcast聴いたことがありますが、それらはすぐに飽きてしまいました。感覚的には、趣味で読む本やPodcastは「興味がある分野で言ってることの半分は理解できない」ぐらいが一番楽しい気がします。興味が無いとそもそも触れようと思えないですし、理解のレベルはこれ以上でもこれ以下でもダメな気がします。これは講演や授業でも一緒かも。