記憶をうまく忘れるようにする

最近Scienceに掲載された名古屋大の研究と、別のグループからCellに掲載された研究を読みました。それぞれレム睡眠とノンレム睡眠における記憶の忘却に関する研究。
REM sleep–active MCH neurons are involved in forgetting hippocampus-dependent memories | Science
https://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(19)30959-6

それぞれの睡眠中の脳に特定の操作を加えてやると、忘却が促進されたとの報告。記憶じゃなくて忘却なところがポイントですね。特に名大の研究は、様々な技術を駆使したいかにも神経生理の実験論文という感じで興味深く読めました。(といっても、いまの技術使えば脳活動の操作や記憶がこんだけできるんやなという小学生並の感想ですが)

記憶力は良ければ良いほどいいようにも思いますが、一方でなんでもかんでも記憶するのも問題があります。人生のなかでは忘れた方が都合のいい出来事も沢山あって、例えばトラウマのように嫌な出来事がうまく忘れられないで苦しむ事例はわかりやすいですし、うつ傾向の人は過去の嫌な記憶をよく思い出す傾向があるという報告もあります。嬉しかったときの記憶でも、現実に支障をきたすほどその記憶にとらわれ続けると問題です。人間に限らず機械学習でも、文章や動画などの系列に関する課題を解く現代的な再帰的ニューラルネットには、過去の内容をどれぐらい保持・忘却するかをリアルタイムに調節する機構が備わっており、その機構がスムーズな学習のために重要だとされています。

自分は記憶についての知識はほぼ皆無ですが、一般的に「覚えること」に比べて「忘れること」は関心から外れがちのような気がします。というのも、実際の生活上では、覚えることはコントロールできても忘れることは中々コントロールできない受動的なものだから。でもこういう研究をみていると脳の中においては、忘れるということはそれほど受動的なものではなくかなり能動的なものなのよう?

じゃあ次に気になるのが、忘れるための神経活動がわかったとして、では何が特定の記憶を忘れる・忘れないのコントロールしてるのか。個人的には、脳のどこに何があるという話よりも、それらがどんな目的を持って動いているのかに興味があります。