研究

人工知能(Deep learning)を使ったカルテ解析

カルテなどの医療情報の解析にはずっと興味があります。情報技術を使えば多くの非効率や誤診、処置の遅れなどが改善されるのは疑いないからです。下の論文はGoogleから最近発表された論文で、カルテから患者のさまざまな情報、具体的には死亡リスクや退院時…

人工知能論文の再現性危機?

研究には、それが誰がやっても同じ結果が再現されることが非常に重要です。その一方で、生命科学や心理学の分野では、その再現性が非常に低いということが近年問題視されています。以下の記事では、人工知能の分野でもその問題が広まっているという話がされ…

脳から人と人の相性を推定

脳を見るだけである人と仲良くなれるかどうかわかる時代がくるかもしれません。下の研究では、fMRIで脳活動計測中の人に人が写っている写真を見せると、その写真に表示されている人との関係性が脳活動から読み取れることが報告されています。 Spontaneous ne…

一つのことに集中して勉強すべきか、交互に勉強すべきか

人工知能の課題の一つとして、一つの人工知能でいくつもの異なる課題をやることの困難さがあります。具体的には、新しい課題を覚えると、古い課題ができなくなる現象が知られており、それを"破滅的忘却"と呼びます。一方で人間はそのようなことを日常的に行…

Kaggleでデータ処理の最先端を学ぶ

データを効率的に処理する手法の最先端がどうなっているのか知りたい時があります。 Kaggle: Your Home for Data Science このKaggleというサイトは様々な企業がデータと問題を公開して、世界中のプログラマが、データを使った問題を解く精度を競うサイトで…

人間が、人工知能のために働く時代

人間とインタラクションしながら人工知能の精度を高めていく、というアプローチに興味があります。 [1801.08230] Deep Interactive Evolution この論文では、GAN(Generative Adversarial Network)という、画像研究で流行っている人工知能モデルを使っていま…

異なるタイプの参加者がいる場合のナッシュ均衡

人の仕事を奪うだとか、人類を滅ぼすだとか色々と世の中を騒がせている人工知能ですが、今最も人工知能界隈で注目を浴びてる企業はGoogleに買収されたDeepMind社です。そのDeepMind社からゲーム理論に関する論文がScientific Reports誌に発表されました。以…

人の創造性を脳活動から当てる

創造性は、人工知能と人間を区別する大きな要素の一つかと思いますが、その創造性を脳活動から人工知能が予測できるとの研究が発表されていました。合計四つのデータを使って、脳活動から創造性をどの程度予測できるか検証したところ、どのデータでも同じよ…