脳から人と人の相性を推定

脳を見るだけである人と仲良くなれるかどうかわかる時代がくるかもしれません。下の研究では、fMRIで脳活動計測中の人に人が写っている写真を見せると、その写真に表示されている人との関係性が脳活動から読み取れることが報告されています。
Spontaneous neural encoding of social network position | Nature Human Behaviour

くわえて次の研究では、同じ映像を見た時の脳活動が、関係性が近い人同士だとよく似たものとなることが報告されています。
Similar neural responses predict friendship | Nature Communications
これらの研究をさらに進めると、例えば会ったことない人同士の相性を事前に推定することもできるかもしれません。クラス替えや恋愛の相性診断など、応用事例はいくらでもありそうです。

ただまあ現状は脳から得られる情報というのは本当に少ないので予測力もたかが知れていて、現段階では脳を見るよりも紙で書いたアンケートや行動結果を見たほうがずっと意味のある予測ができると思います。もちろん、脳活動に多くの情報が含まれているのは疑いのないことであるため、発展していく可能性はありそうですし、そういう未来が実現したら面白そうだなとは思います。(ディストピアっぽいですが)