できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか | ポール.J・シルヴィア

できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)

できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)

先輩からおすすめされて読みました。短いし、メッセージも明快。

とにかくスケジュールを決めて決まった時間に論文を書くこと…とだけ書くといかにもありきたりな内容っぽいですが、それらのありきたりな教訓を実際に実験で確かめた論文の紹介までしているところが普通の本(著者自身の経験がひたすら語られる)とは一味違います。

スケジュールを決めるというのは、言うは易しで実際には難しいものですが、それに対する筆者の提案が、スケジュールを阻害するものを徹底的に避けること。特にミーティング。

それと共著者に生産性を低い人がいるとその人に引きずられるので、生産性が低い人と組むのは極力避けること。なかなか厳しい意見ですが、たしかに重要かもしれません。