韓国ドラマはながら見できない

昔から暇があればエンタメ作品に触れていて、暇がなくてもながら見・聴でエンタメ作品に触れているのですが、その時々で自分の中で流行があります。それは世の中と一致することもあれば一致しないこともあるのですが、今回は大きく一致しており完全に韓流ブームが到来中。これまでの人生で恐らく2回ほど日本社会での韓国ブームを経験してきたと思うのですが、今回(3回目)初めて引っかかりました。


きっかけは帰国便の中で何気なく視聴した「パラサイト」の出来があまりにもよかったことです。とにかく脚本やテーマ設定が素晴らしく、その後にいつもネトフリでランキング上位にきていて気になっていた「梨泰院クラス」を視聴したのが沼のきっかけかもしれません。これがまたしてもめちゃくちゃ面白く、1話あたり1時間30分近くあって長いのですが、ほぼ一気見してしまいました。



どうしてこんなに面白いと思えるのかわからないまま、現在継続して配信中の「スタートアップ」へと移行したら、これが完全に自分の分野(情報科学やAI)とテーマが被っていて一瞬で最新話まで観終わってしまいました。似たやつだとアメリカの「シリコンバレー」は割と好きだったのですがそれの数倍テンポが良くて面白い。並行して、(多分日本では一番有名な?)「愛の不時着」も観ているのですが、こちらもまあまあ面白いけれど、個人的には梨泰院クラスとスタートアップには劣る感じ。


面白いと思える理由をあげてみると、コメディとシリアスがすごくバランスよく配置されていること、日本との文化的な共通点が多いこと、日本のコテコテなドラマほど保守的でなく欧米のイケイケなドラマほど進歩的すぎず自分の価値観的にはいいバランスなこと、そして外見が似ていて感情移入しやすいこと、、、などなどあげだすとキリがないのですが、やっぱり一番は脚本とセリフが良いのだと思います。キャラ配置のバランスも良くて会話中の対立もしっかりしている。



韓国ものに関しては前からMay J LeeやBTSのダンス動画を暇つぶしに見ていてそのクオリティの高さに毎回驚いていたのですが、ドラマのクオリティもここまで高いとは思っていませんでした。とはいえ、いくつも観ていると結構似たようなパターンがよく出てくることにも気づきます。それはキャラ設定・配置(財閥令嬢多すぎ問題)であり、脚本(都合のいい出会い多すぎ問題)でもあるのですが、自分にとって斬新だったそれらも何回か観ていると斬新ではなくなってくるものです。まあ要するに早くも飽き始めているのですが、それでも観てみてよかったなと思いました。一つだけ問題があったとすると、音声が韓国語なのでながら見がまったくできないこと。しかもストーリーの展開が激しくて密度が濃いので、集中して見ていないとわりとすぐに置いていかれます。結果的に、それ以外の娯楽(仕事も?)使っている時間は確実に減った気がします。