雑記(2021年3月)

放置していると更新する気力がどんどん減っていくので、ここ半年ぐらいに読んで/見て記憶に残ってるコンテンツを紹介します。

記憶に残ってる=感想が書ける、であって良かったかどうかはまた別の話。


自転しながら公転する
自転しながら公転する
山本文緒の本は食わず嫌いしてましたが、新海誠がTwitterでアカペラを絶賛していたのでまずアカペラを読んでみました。食わず嫌いを後悔。その後よんだプラナリアも良くて、ちょうどその頃に新作長編が出ていたので購入。大正解で、これが本屋大賞じゃないのなら何が取るのか気になるという感想。自分は推しが燃えるやつよりもこっちを推します。

東京でAIだとか脳だとかクリエイティブだとか言っている自分のような人間が向き合っていない、いまの時代の不安とそこからの解放が秀逸なプロットで書かれていました。もちろん現実のままならさははいつだって想像を突き抜けていきますが、確かにあると思わせる人物造形は引き込まれます。

正欲
正欲
先週出たばかりの本ですが、映画化と本屋大賞ノミネートぐらいはほぼ確定では。読了直後のバイアスがあることを踏まえても傑作。朝井リョウのお家芸は10代後半、20代のままならない感じの自意識や葛藤描写をメタメタしく描くことだったと思うのですが、一歩そこから抜けた感じがします。何者と同じように最後にドカンときて終わるのかと思いきや、そこから更に対立軸を出したり意外な展開があったりと飽きさせない。

上の山本文緒の本を読んだ後にこれを読んだので、"普通"に生きるのも大変だし、"普通"から外れても大変だし、生きてくのって大変だなという無難な感想が。・・・というような雑なわかった感こそ著者が批判するものであり、せめて苦悩するか目と耳を閉じていてくれ、ということなのかもしれませんが、それを忙しない中での読書体験から期待されても少し厳しい。でもこういう小波のようなものが重ならないと新しい流れは作れないのだろうなとも思うし、一方でその新しい流れは往々にしてこれまでと同程度に雑な乗り方はできないし、ということでやはり大変だなという感想。

楽園のカンヴァス (新潮文庫)
楽園のカンヴァス (新潮文庫)
翼をください 上 (角川文庫)
翼をください 上 (角川文庫)
初原田マハ。普通によかった。

4TEEN(新潮文庫)
4TEEN(新潮文庫)
初石田衣良。思っていたよりもずっとよかった。文章が綺麗。他の作品も読んでみたいと思いましたが、他はIWGPシリーズか恋愛系が多い模様。悩ましい。


ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論
ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論
話題になってたから図書館で借りたその1。

何がとは言いませんが懐かしすぎて遠い目になりました。こういう仕事あるよなあと。分析の妥当性はよくわからず。

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界
LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界
話題になってたから図書館で借りたその2。

結局のところ現状エビデンスのあるものは、ストレスのない生活、適度な運動、食べ過ぎない、ぐらいという結論。安心したというか残念というか。紹介されてる多数の事例、具体的にはサウナも断食もNMAも各種サプリも薬も、どれも動物実験段階あるいは強いエビデンスなし。

時間は存在しない
時間は存在しない
話題になってたから図書館で借りたその3。

時間はなるほど出来事の系列なのか、というのがすごく腹落ち。

「時間は存在しない」という日本語タイトルには少し違和感というか、時間として知覚されているものは順序、様々な物が作用し合う系列であって、それらは全て相対的である。個人で見たときに順序はあって、それに時間という名前をつけている。すなわち絶対的な時間が存在しなくて、全ては順序である。そういうことだと理解しました。

ただ、原題はL'ordine del tempom、英訳するとThe Order of Time、つまり「時間の順序」が原題になります。まあこのタイトルだと売れないのかも。

芸術・無意識・脳―精神の深淵へ:世紀末ウィーンから現代まで
芸術・無意識・脳―精神の深淵へ:世紀末ウィーンから現代まで
芸術と神経科学の本は逆推論と過剰な一般化の嵐で読んでいて辛くなるものが多いのですが、これは純粋に芸術論として読める部分が面白い。それでも人間の研究に関する記述は読んでいて辛くなるところも。

BNA ビー・エヌ・エー Vol.1 (初回生産限定版) [Blu-ray]
BNA ビー・エヌ・エー Vol.1 (初回生産限定版) [Blu-ray]
日本のアニメ会社(というかTRIGGER)がズートピア作ったらこうなったというやつ。序盤から中盤にかけてすこし退屈。が、最終盤で味方も敵も巨大化して主題歌が2番まで流れる様式美に、小さいことはどうでもよくなった。

【Amazon.co.jp限定】映像研には手を出すな! COMPLETE BOX (初回生産限定版/2枚組) (映像研キャストトークCD付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】映像研には手を出すな! COMPLETE BOX (初回生産限定版/2枚組) (映像研キャストトークCD付) [Blu-ray]
部活ものや(アニメ含む)芸術創作もの特有の辛気臭さがなく、創作の美味しいところが凝縮されていた印象。空気感がいい。OPは天才。

梨泰院(イテウォン)クラス dvd 韓国ドラマ パク・ソジュン/キム・ダミ 全16話を収録した9枚組
梨泰院(イテウォン)クラス dvd 韓国ドラマ パク・ソジュン/キム・ダミ 全16話を収録した9枚組
ペスジ ナムジュヒョク 主演 韓国ドラマ [ スタートアップ: 夢の扉 ] O.S.T サントラ 韓国盤
ペスジ ナムジュヒョク 主演 韓国ドラマ [ スタートアップ: 夢の扉 ] O.S.T サントラ 韓国盤
韓ドラ。前にブログ記事に書いてから他の韓ドラも色々と試してみましたが、結局この二つ以外は視聴が続かず。韓ドラの様式が自分にとって新しかったから面白かっただけなのか、この二つがコンテンツとして飛び抜けていたのか、あるいはその両方か。

葬送のフリーレン(1) (少年サンデーコミックス)
葬送のフリーレン(1) (少年サンデーコミックス)
ポスト魔王討伐日常ものは初めてで新鮮。昔ドラクエのこういうssが好きだったような気がする。けど物語の構造上これから山場はないし、今後もこの調子で続けられるのだろうか。記憶に残ってる漫画がこれと鬼滅しかない。